二ノ宮知子「のだめカンタービレ」と大崎梢「サイン会はいかが?」

大崎梢の推理小説に、「成風堂書店事件メモ」シリーズがあります。

  1. 大崎梢「配達あかずきん」
  2. 大崎梢「晩夏に捧ぐ」
  3. 大崎梢「サイン会はいかが?」

大崎梢「サイン会はいかが?」より。

「おはようございます、藤永さん。『のだめ』の新刊、支店にあるって言ってましたよね。まだ来ないですよ。あと『プルートウ』も、ある分だけ担いで行きますって、おとといの電話で言ってましたよね。そんな小さなバッグに入っているんですか」

この台詞を発したのは木下杏子という書店員で、相手の藤永は取次の担当者です。

「のだめ」は二ノ宮知子「のだめカンタービレ」/「プルートウ」は浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO プルートウ」を指すものと思われます。

更に、大崎梢「サイン会はいかが?」は 2007 年 4 月 25 日初版なので、「のだめカンタービレ」は第 16 巻/「PLUTO プルートウ」は第 4 巻でしょう。

なお、作中ではサイン会は日曜日の 14:00 としか分かりませんが、単行本特別付録の「成風堂通信」では 11 月 10 日 14:00 となっています。

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.loc-nodame.com/">上野樹里/玉木宏「のだめカンタービレ」ロケ地</a>
<a href="http://www.loc-nodame.com/osaki.html">二ノ宮知子「のだめカンタービレ」と大崎梢「サイン会はいかが?」</a>